安全帯

安全帯ハーネス型の魅力

安全帯ハーネス型の魅力

安全帯にもさまざまな種類があり、日本ではベルト型の安全帯が1番利用されているのですが、欧米ではベルト型ではなく安全帯と言えばハーネス型安全帯が幅広く使用されています。そのため、欧米で安全帯というとハーネス型安全帯のことを指します。

 

このハーネス型安全帯の1番の魅力は安全性が高いことです。全身を通して使用しますので、全身を保持してくれます。ベルトがずれたりすり抜けたりする危険性もありませんし、万が一墜落してしまったときは体勢が安定して、体全体に荷重が分散されるのでダメージがかなり軽減します。

 

また、腿・肩・腰を中心に体全体で荷重を分散支持しますので、長時間作業していても疲労がたまりません。ランヤードが背部で連結されるので、体前方の作業スペースを確保することが出来ます。

 

以上のように非常に魅力的な安全帯なので、欧米ではこちらの安全帯が一般的とされているのです。近年は日本でもベルト型ではなくハーネス型が徐々に普及してきています。ただし、安全に使用するためにはハーネス型安全帯は身体に合ったものを選ぶようにしてください。