安全帯

安全帯の正しい使い方

 

安全帯は正しい使い方をすればその機能を発揮することが出来ますが、逆に言うと誤った使い方をすれば安全帯の機能を発揮することが出来ずに、災害を招くことになります。最悪の場合死に至ることだってあります。

 

安全帯を使用していても、フックを掛ける位置が間違っているだけで転落時に腹部に衝撃を受けて内臓が破裂したり、骨折等の重大な損傷を受けてしまうことになります。

 

ですから、安全に作業するために安全帯の正しい使い方のポイントを知っておくことが大切です。そのためには製品に添付している「取扱説明書」などもきちんと読むようにしてください。説明書を読むなんて面倒・・・と思うかもしれませんが、命に関わることですので、内容をきちんと理解した上で使用するようにしてください。説明書で安全帯の必要性、そして正しい使用方法を認識して安全に作業を行うようにしましょう。

 

安全帯を十分に理解しないままに使って事故が起こることも少なくありません。本来、命を守ってくれる安全帯が凶器に変わってしまわないように安全帯は有効に正しく使用するようにしてください。