安全帯

安全帯

 

安全帯というのが何かご存知ですか?安全帯というのは、ベルト(帯)と命綱(ロープ)を組み合わせた個人用保護用具で、高所で作業をする人の転落や墜落を阻止する役割を担っています。マンションなどを建設する場合は、職人さんは足場を組み立てて高所で作業をしますよね。そのようなところで作業をしている方がお腹のあたりに何かつけているのを見たことがあるという方も多いと思います。

 

この安全対は高所で作業をする人の命を守ってくれる非常に大切なアイテムです。安全帯を正しく使用していなかったがために重大な事故につながったというケースがおきているのも事実です。自分は大丈夫と思うかもしれませんが、いつどのようなことが原因で事故に繋がるかはわかりません。安全帯をつけることで、自分自身の身を守ることはとても大切です。

 

少しぐらいなら大丈夫、自分は大丈夫という気持ちから安全帯をつけない方もいるようですが、作業者が高さ2メートル以上の個所で作業を行なう際は足場を組み立てる等の方法で作業床を作られなければならないのですが、その作業床を設けることが出来ない場合、安全帯の規格を満足した安全帯を使用しなければならないということは、労働安全衛生規則よって定められています。

 

墜落事故から守る為の一般高所用安全帯には、胴ベルト型安全帯とハーネス型安全帯があります。現在、日本で多く使用されている安全帯は腰ベルト式ですが、全身を保持してくれ、万が一墜落してしまったときに身体への衝撃が少ないとされているハーネス型の安全帯が最近は注目されつつあります。

 

安全帯も時代の変化とともに日々進化していて、昔よりもさらに優れた性能のものがどんどん出てきています。自分の命を守ってくれるものですから、しっかりしたものを選びたいですよね。安全帯を買いたい、どのようなものがあるのか知りたいという方におすすめなのが「ズームオンラインショップ」というショップです。作業服や安全帯・安全靴など、職人さん御用達のショップなのですが、ここでは安全帯も充実(品揃えをチェック)しています。昔ながらの安全帯や新しいタイプの安全帯などさまざまなタイプのものが揃っていますので、探しているものが見つかると思います。

 

安全帯だけでなく、安全帯に必要となるベルト、安全帯を使用する際にかかすことの出来ないランヤードも充実しています。そのほか、安全靴など自分自身の身を守ってくれるアイテムはズームオンラインショップですべて揃えることが出来るようになっていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。